理想的なデザインで高性能な住宅を、
手の届く価格で実現

単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、 飽きのこない普遍的なデザインで、快適性・省エネ性・耐久性を追求し、 コストの無駄を省き、身近で手軽に感じられる価格で提供します。
これが榎田工務店の目指す「建築家住宅」です。

こんなご希望ありませんか?

  • こだわりたいけど、予算も抑えたい
  • 耐震性の高い家に住みたい
  • 安心して長く住み続けたい
  • 冬に暖かく夏に涼しい家に住みたい

榎田工務店にお任せください!

理想の住まいを手の届く価格で実現する、
建築家との家づくり。

誰もが『いつか住んでみたい』と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現します。

『理想をカタチにする家づくり』 に欠かせないのが、建築家の存在です。建築家は、お客さまそれぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。

当社では職人として、家に合わせた素材をゼロから作る技術をもってお客さまのご要望、立地条件、ご予算にあわせた施工を提示して見積もりを作成しています。

構造計算によって地震に強い家をつくる

これからマイホームを建てようという方は、『ちゃんとした家に住みたい』と考えていらっしゃると思います。では、『ちゃんとした家』を耐震性という切り口で考えると、どういう家になるでしょうか?

鉄筋コンクリート造や鉄骨造では構造計算が一般的に行われますが、現在木造住宅では、実は義務付けされていないのです。しかし、「人の命や財産を守る」という住宅の使命を考えれば、住宅こそ構造計算を行うことが望ましいと考えます。当社では1 棟ごとに構造計算を行っていますので、大きな安心を得ることができます。

高い気密性と計画換気による優れた「耐久性」

住宅建築において、耐久性は重要な要素として注目されています。「木材」の耐久性を低下させる何よりの大敵は、壁の内部で発生する「結露」。

結露を防ぐためには気密、換気の要素が不可欠です。特に計画的な換気によって、湿度をコントロールすることが重要になります。高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。これによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

「冬に暖かく・夏に涼しい住宅」をつくる

ランニングコストを抑える『冷暖房費のかからない家』はどうしたらいいのか。その秘密は「高気密・高断熱の家づくり」にあります。

一言でいうなら「性能の良い家」ともいえます。高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家を指します。また高断熱とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことをいいます。こうした性能の良い家をつくることで、「冬に暖かく・夏に涼しい住宅」が完成するのです。

当社の施工事例